予防歯科

当院の予防歯科は、歯に関する多くのトラブルを予防することを前提にしています。歯の状態を正しく知り、病気にならない健康な歯を育てます。

ダイアグノデント

レーザーを用いたむし歯診断装置です。肉眼やレントゲンでも発見できない初期のむし歯を発見することができます。
むし歯の経過を数値で表すので、経過観察中のむし歯の進行度合いが数字で把握でき、悪くなったところだけを削って負担を最小限にする「ミニマム・インターベンション」にも役立ちます。

PMTC

PMTCとは(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の略です。
PMTCには、むし歯予防や歯周病の予防や改善、歯質の強化とともに、歯の着色を除去し、健康できれいな歯を保つ効果があります。

スケーリング

歯に付いた歯石やプラーク(歯垢)を取り除くことです。歯だけでなく歯肉にも歯石は付着し、これが歯周病の原因の一つになります。
特に下の前歯の裏が溜りやすいので、鏡でチェックしてみてはいかがでしょうか。
当院の定期検診では、歯石は必ず観察する「お口の中の衛生バロメーター」です。

定期健診・電話によるリコール

診療後も3~6ヶ月に1回は健診を受けることをお勧めし、お電話でお声がけをしています。
治療が済んだ歯はすぐには問題はありませんが、一旦虫歯になったところはまたなる可能性があります。そのため、その周囲の歯や、元々むし歯ができやすかった、お口の環境を整えていくことが、再発防止につながります。
早期発見・早期治療とともに、再発防止も歯のメンテナンスの大きな役割です。

  1. むし歯や歯周病の検診
  2. 噛み合わせや歯の生え具合の健診
  3. 義歯などの不具合定期健診
  4. その他、ご本人では気づかない症状や生活習慣による口内環境の変化を見つけて、早めの対処・処置をお勧めしています。