歯周病治療

30代からリスクが上がる歯周病。成人病のリスクを上げる隠れた万病の元です。

歯周病の原因

口の中は細菌でいっぱいです。
歯磨きが正しく行われず、食べ物が残っていると細菌は繁殖してプラーク(歯垢)と呼ばれる菌塊をつくります。
このプラークが歯肉と歯の間に繁殖し、支える骨などにも炎症を起こします。放置していると歯がグラグラ動いて抜け落ちてしまいます。
自分の歯周病の程度を知り、しっかりと予防・治療をしましょう。

こんな症状がみられます

  1. 歯がむずがゆい感じがする。
  2. 歯と歯肉の接しているところが赤く腫れる。
  3. 歯を磨いた時に血が出る。
  4. 歯肉から膿が出る。
  5. 口臭が気になる。
  6. だ液がネバネバする。
  7. 朝起きた時に口の中が気持ち悪い。

提供:昭和薬品化工株式会社

歯周病菌がまねく病気

歯周病の菌が出す毒素は、歯の周囲の組織を侵すだけでなく、血管やリンパ腺を通って全身に運ばれます。
この毒素の一部が心臓におおきなダメージを与え、三大成人病の1つである心臓病のリスクを高めるという研究結果が出ています。
歯周病はまず予防です。定期的な健診と、予防に向けた正しいブラッシングでリスクを減らしていきましょう。

歯周病は年齢には関係ありません

最近は食生活の変化もあり、10代の方、大学生の方でも歯周病の症状で来院される方があります。 学校での歯の検査などで本人が知り、口臭などもあって悩まれる方も多いようです。思春期で多感な時期と受験などのストレスも重なる時期。
大人として声を掛けにくいこともありますが、お子さんのお口の健康は、保護者の方も見守ってあげてください。

歯周病菌の検査

位相差顕微鏡という顕微鏡で口の中の菌の状態を直接見ることが出来ます。
歯周ポケットとも呼ばれる、歯と歯茎の間の隙間に隠れている細菌の様子を観察することで歯周病の病状の進行が把握できます。