小児歯科

お子様の歯の健康は、ご家族の責任です。むし歯はもとより歯並びやあごの発育など、注意してあげてください。

母子感染

お子様のむし歯の多くは、意外だと思いますが細菌感染症です。

お子様を望まれる方へ

キシリトール入り特別なガムを噛むことが、生まれてくるお子さんの歯の健康に、大きく関与することが、学術的に証明されており、当院でもご相談をうけております。

妊娠中のお母さんへ

生まれてくるお子様のために、むし歯や歯周病は早めに治しましょう。妊娠中でも安定期ならほとんどの歯科治療は可能です。

出産後の注意

乳幼児への口移しは、お母さんの口の中の細菌が大切な赤ちゃんに移ってしまうので、お母さん自身の口の中の環境を整えておきましょう。

高濃度電解次亜塩素酸水を使っています。

当院では、純度99%の塩化物と不純物を限界まで取り除いた「超純水」を電気分解させた、高濃度電解次亜塩素酸水(HClO)を使っています。
口の中の雑菌などを消毒・破壊して、口臭の発生・プラークの形成を抑制。歯周病やむし歯を予防します。
治療中はもちろん、ご自宅でお使いいただくこともできますので、ご相談ください。

高濃度電解次亜塩素酸水を使うことは、むし歯予防に効果的です

市販されている洗口剤とは全く違い、アルコール・着色料・保存料などは一切使用しておりませんので、安心してお使いいただけます。口腔内の洗口以外にも様々な分野で安全安心な殺菌・消毒として使用されています。

院内では・・・

歯石や歯周ポケット洗浄のための超音波スケーラーや、器具、手指の洗浄、歯ブラシ・入れ歯の除菌等に使用し、治療・予防・院内感染予防に役立てています。

ご自宅では・・・

歯磨きの前後のうがいで歯周病・むし歯の予防・ケアに、歯ブラシ・入れ歯の洗浄除菌に、口臭抑制に、風邪のひきはじめ・予防に、家庭内の除菌・消臭にと、幅広くご利用いただくことができます。

ラバーダムの使用

当院では、治療中の誤飲を防ぐ、患部からの菌をお子様が飲み込むことを防ぐために、ラバーダムを使用しております。
ご希望で、使用することもできますので、お声掛けください。

シーラントとは

シーラントとは、奥歯の噛み合わせる箇所にプラスティックを埋め込み、埋め込み箇所の虫歯を予防しようとする治療です。

シーラント施術

奥歯の溝には、歯ブラシの毛先が入り込まない細い溝があります。
歯磨きをしても食べかすが残ってしまい、むし歯になりやすい場所です。そこでむし歯になる前に、深い溝に合成樹脂を流し固め、溝を浅くする処置がシーラントです。

フッ素塗布

むし歯予防に関し、フッ素塗布は大きく4つの働きがあります。

  1. 歯の中に取り込まれ、抵抗のある歯となりむし歯になりにくくする。
  2. 細菌が酸を作るのを抑制する。
  3. 抗菌作用がある(口の中の細菌数を減らす)。
  4. 再石灰化の促進作用(溶け始めた初期むし歯を再び硬くする)。

フッ素は乳歯、生えはじめの永久歯に多く取り込まれ、3~6ヶ月ごとに塗ると効果的です。

ブラッシング指導

正しいブラッシングを毎日続けることが大切です。きちんと磨いたつもりでも、実際は磨けていないことが多いのです。
当院では、プラークを染め出す試薬を使い、お子様の歯磨きの見直しチェックをしております。
歯みがきの仕方の癖や、ブラシの当て方を確認し、より正しいブラッシングの方法をマスターしましょう。

歯みがきチェック

お子様の歯の健康は、毎日の歯みがきチェックが効果的です。
歯ブラシや歯間ブラシへの興味は、おもちゃ感覚でもたせることができます。しかし、きちんと磨ききるために、やはり大人の目と手で仕上げていただきたと考えています。
小学生の間は親子のコミュニケーションタイムとして、日課にしてみてはいかがでしょうか。